主婦でもキャッシングの審査に通過できるかについてまとめてみました。

働いていれば主婦でもお金を借りれる金融は多い!

 

総量規制によって主婦のキャッシング事情が大きく変わりました。
しかし主婦だからといってお金を借りる事が出来ないという訳ではありません。
ここでは主婦がキャッシングするための方法について解説していきます。

 

主婦は主に3タイプです。
パート勤務などで働いているパート主婦と家業に専業する専業主婦。
そして専業主婦の中でも配偶者の同意が得られない人と得られる人に分かれます。

 

本人に収入がなく配偶者の同意も得られない主婦の場合は、銀行カードローンでのキャッシングとなります。
銀行系カードローンは総量規制の対象外ですから、本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば申し込むことが出来ます。
但し配偶者の方が正社員ではなくパートやアルバイトで働いている場合ですと申込不可とするとことも多いので注意が必要です。

 

次に収入はないが配偶者の同意は得られる主婦の方は、銀行カードローンもしくは配偶者貸し付けが利用できます。
前者は上記と同じとなります。
配偶者貸し付けは、夫婦の収入を合算して申し込みを行ないます。

 

そして最後にパート勤務などで本人に収入がある主婦ですが、この場合は一般の方同様に本人名義で申し込みが可能です。
配偶者の同意も必要なく選択の幅が広く用意されています。

 

 

上述したように銀行カードローンは総量規制の対象外となります。
総量規制は個人の借り入れを年収の3分の1以下に制限するものですが、貸金業者に適用となります。
その為銀行カードローンは審査に通りさえすれば本人の収入に関係なくお金を借りる事が出来ます。
但しどこの銀行でも借りれるわけではありませんので、申し込み前に必ず条件を確認する必要があります。
利用条件に本人に収入があることとしている場合は申込みできません。

 

配偶者貸し付けは総量規制の例外となる貸付制度です。
本人と配偶者の年収を合わせて申し込みを行ない年収の3分の1以下まで借り入れが可能となります。

 

例えば夫の年収が300万円なら100万円まで基本的には借入れが可能となります。
本人に収入がなくても借りれるのはありがたい事ですが、残念ながらこの配偶者貸し付けに対応している業者は非常に少ないです。
銀行では取り扱っているところが先ず無く、また大手消費者金融でも対応していません。

 

今のところは中小サラ金の一部で取り扱いをしています。
配偶者貸し付けの利用条件は年収額を合算する2人が夫婦であることと、夫の収入が安定していることです。
また申し込み時に必要となる書類が、通常のカードローンと異なりますので注意が必要です。
住民票など婚姻関係を証明出来る書類、運転免許証など本人確認書類、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書の4点が必要となります。

 

準備する書類が多く、配偶者に内緒で借りたいと思っても出来ません。
また消費者金融ですから金利は高めとなります。

 

パート勤務の方は選択範囲が広く銀行系カードローンにも申し込み可能です。
銀行は敷居が高いと感じる方も多いですが、パートやアルバイトでも申込受付している銀行は非常に多いです。
最近は銀行のほうが消費者金融よりも積極的に融資を行っているようですから、条件さえクリアすれば借入もそう難しい話ではないかもしれませんよ。
銀行は低金利で借りれますので、この機会にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

大手消費者金融や中小サラ金ではレディースキャッシングなるサービスも用意しています。
女性専用のキャッシングですが、正直言いますと通常のキャッシングと大きな違いはありません。
ただ単に女性スタッフが全て対応してくれるだけであり、金利が安いとか審査が緩いといったことは一切ありません。

 

 

主婦がキャッシングする上で注意する事は、まず融資限度額にあります。
というのも主婦向けのローンは融資限度額が基本少なめです。
大体は30万円前後、多くても50万円と始めから限度額を決めている銀行や消費者金融が多いです。
高額融資は期待して借入計画を立ててしまうと、いざ融資を受けた時に計画が崩れる可能性もありますので、高望みはしないことです。

 

また申込先によっては郵送物が届く場合もあります。
旦那さんに内緒でキャッシングしたい方は多いかと思いますから、郵送物が届かない業者を利用するようにしましょう。
申し込みから契約手続きまでインターネットで完結でき、更にカード発行がなければ自宅に郵送物が届く可能性は低いです。
大手消費者金融なら自動契約機でカード発行が可能ですので、完全に郵送物なしで借りることも可能です。
但し自動契約機に入るところを見られたくないという方は、インターネット完結で振り込み融資対応の業者を選びようにしましょう。

 

クレジットカードを所有している主婦の方は多いかと思いますが、返済が延滞していないか確認しておくと良いです。
というのもローンの審査では、過去のローンやクレカの利用履歴を必ず確認します。
その際、返済の滞納があったり繰り返し遅滞しているとマイナス評価となり審査落ちしてしまいます。
もしクレカを定期的に利用している場合は、期日をしっかりと守って返済するようにしましょう。