個人事業主が融資審査の基準はどんな感じ?

個人事業主が融資を受けるには

個人事業主や自営業でもカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能なのでしょうか?
急にお金が必要となった時、カードローンなら即日で借入も可能ですから非常に便利です。
個人事業主の場合、生活費だけでなく事業性資金目的で借りるという方も多いでしょう。
このような場合に融資を受けるには担保や保証人を用意しなければいけない上に、審査も融資も時間がかかる可能性が高いです。

 

資金調達が出来ずビジネスチャンスを逃してしまった、何て事は是が非でも避けたいところです。
カードローンなら申し込んだその日に借り入れが可能なだけでなく、事業資金として活用することも可能です。
金利は高めですから長期的な利用には向いていませんが、銀行融資では間に合わないなど一時的なつなぎとして借りるには最適です。

 

しかし個人事業主はローンの審査を通るのが難しいと言われていますが、カードローンでの借り入れは出来るのでしょうか?
またどのような条件があるのかも気になるところかと思います。
そこで今回は個人事業主がカードローンやキャッシングで借り入れする方法について解説していきたいと思います。

 

■審査通過のポイントと必要書類

 

どの業者でもカードローンの融資条件に「本人に安定した収入があること」を定めています。
収入に安定性があると見なされれば融資を受けることは可能です。
多くの人は会社に雇われる側ですから収入もある程度保障されており、きちんと勤めていれば安定していると言えるでしょう。

 

しかし個人事業主の場合は自身で事業・商売を行なっているので、会社員のように収入が保証できるとは言えません。
このような事情があるため、個人事業主でもカードローンで借りれるのですが、審査は厳しく見られることが多いです。
個人事業主はどうしても収入が不安定と見られがちですので、会社員よりも審査のハードルは上がるということは覚えておきましょう。

 

カードローンでは高額収入よりも安定した収入があるかどうかに重きが置かれます。
個人事業主は収入が不安定になりがちな職業であるために審査に通るのが難しいわけですが、逆に収入が安定していると判断されれば借りれる可能性は十分にあると言えます。
サラリーマンの場合、勤務先の企業が分かれば金融機関は大体の収入は把握できます。
しかし個人事業主ですとサラリーマンのようにはいきません。
ですから収入を証明できる書類を提出してもらわないことには、実際にどれぐらいの収入があるか分からないからです。

 

個人事業主の場合、収入を証明する書類は主に確定申告書となります。
税金・節税対策のために所得額を減らしている方も多いですが、所得額が一定額無いと収入が安定しているとは見られません。
税金を少なくするのには良いですが、カードローン審査ではマイナス評価となりますので注意しましょう。

 

申し込みに必要な書類は収入証明書の他に本人確認書類も必要です。
運転免許証や健康保険証で良いので、ここは特に問題無いでしょう。

 

業者によっては上記2点の他に、事業の実態を証明する書類の提出を求めるところもあります。
というのも個人事業主と嘘をついて申込みする方もいるためです。
事業実態を証明する書類は、営業許可証、受注書・発注書、納品書、請求書、報酬明細に関する書類等です。

 

また自宅を仕事場としている方も多いかと思いますが、その場合、固定電話がないと審査落ちになる可能性が高いです。
個人の連絡先しか無いと事業の実態を証明でき無いということになりますので注意しましょう。
中には固定電話無しでも申し込み可能なカードローン会社もありますが、殆どの業者では固定電話は必須としています。

 

審査では勤続年数も重要視されます。
その職場に何年勤務しているかによって収入も仕事も安定しているのかが判断されます。
個人事業主の場合は、営業年数・事業歴となります。

 

個人事業主は収入を安定させ更に継続させるのにどうしても時間がかかります。
事業歴が長ければ事業が安定していると見られやすくなります。
例えば起業して1年未満の飲食店と10年以上続いている飲食店の自営業者では評価は全く異なります。

 

■事業者向けローンの方が借りやすい?

 

個人事業主の場合、カードローンでの借り入れする目的は何も生活費だけとは限りません。
事業性資金目的で借り入れを希望する方も多いことでしょう。
しかし通常のカードローンは事業性資金に使うことは出来ません。
カードローンは資金使途自由ですが、事業性資金だけは例外として認めていないところが殆どです。

 

そこで出番となるのが事業者向けローンです。
その名の通り個人事業主を営む方専用のカードローンで、事業性資金にも使うことが可能です。
一般的なカードローンはサラリーマン向けであるため、個人事業主はどうしても審査が不利となってしまいます。
しかし事業者向けローンは個人事業主が利用者であることを前提としたサービスですから、通常の
カードローンよりも借りやすくなっているのです。

 

大手消費者金融でも事業者向けローンを取り扱っていますので、ぜひ検討してみると良いでしょう。