銀行系カードローンの審査基準はどんな感じ?

銀行系カードローンの審査はどんな感じ

銀行系カードローンは金利が安いのが魅力のカードローンです。
余計な利息は払いたくありませんから、多くの人は銀行系カードローンを選ぶことかと思います。
しかし銀行系カードローンを利用する上でネックとなるのが審査です。
審査はどのカードローンでも必ずありますが、銀行の場合基準が非常に厳しいです。

 

 

■保証会社の審査に通らければいけない

 

銀行系カードローンの審査は、そのカードローンを提供する銀行だけが行なうわけではありません。
銀行系カードローンを利用するには保証会社の保証を受けられることが必要となります。

 

保証会社は消費者金融若しくは信販会社が担っていることが多く、保証を受けるとはつまり審査を通過することを意味します。
つまり保証会社である消費者金融若しくは信販会社が定める審査基準をクリアしていないとダメということです。

 

万が一契約者が債務不履行になった時、銀行へ代わりに弁済するのが保証会社の役目でもあります。
代位弁済が行なわれると契約者は銀行ではなく保障会社へ返済を行うことになります。

 

契約者が返済できなければ保証会社が肩代わりするため、保証会社にはリスクがあると言えます。
当然いい加減な審査は出きませんし、よりリスクを抑えるためにも審査は慎重に行なわれると思ってよいでしょう。

 

■融資を受けるには信用してもらうことが必要

 

カードローンは担保も保証人も不要で利用できるからこそ、審査をクリアするためには信用が必要となります。
ではその信用を得るためにはどのような条件を満たしている必要があるのでしょうか?

 

融資の条件は各銀行によって異なりますが、大体共通しているのは「収入の安定性」「ローンの延滞経験」「事故情報」等が挙げられます。
当然のことですが借りたお金は返さなければいけません。
そしてその為には自身に収入があることが前提条件となります。
単に働いて収入を得ていれば良いというものではなく、そこに安定性が無いといけません。

 

収入の安定性とは金額のことではありません。
確かに審査において収入額はある程度重要かもしれませんが、それでしたらアルバイトやパートは審査に通るのがかなり厳しいといえます。
しかし実際はそうではなく、非正社員でも銀行系カードローンで借りることは可能ですし利用されている方は沢山います。
安定性とは、毎月の給料が大きく上下していなくてほぼ一定額である事を意味します。
収入額事態はそこまで多くなくても、滞り無く毎月一定額を貰えていれば収入は安定しているといえます。
先々月70万円、先月20万円、今月40万円といったように月によって得ている収入額が大きく異なると収入が安定しているとは言えません。

 

ですが、いくら収入が安定していてもローンやクレジットカードの利用で延滞しているなど問題を起こしていると審査通過は難しくなります。
ローンやクレジットの利用履歴は指定信用情報機関にて管理・保持されており、カードローンの審査で必ずチェックします。
そこで過去に延滞履歴があると分かれば、審査をした金融機関は毎月きちんと返済してくれない可能性があると判断します。
当然信用できるとは言えませんから、審査通過もかなり難しいでしょう。
自己破産や債務整理を行なった場合も、その事実はきちんと記録に残り、これも審査では大きなマイナス評価となります。
このような状態では、まず審査通過することはないでしょう。

 

安定した収入があり尚且つ信用情報に問題がない、この条件を満たすことが銀行系カードローンの審査通過するコツと言えます。

 

■審査が甘い銀行ってあるの?

 

銀行系カードローンを利用したいけど審査が不安という方は多いです。
その為、審査が甘いと言われるような銀行を探す方も少なくありません。
消費者金融で言ううところの中小サラ金みたいな位置にいる銀行ということでしょうが、銀行で審査が甘いところなんてまずありません。

 

審査ハードルを下げてしまえば、返済出来ないような人にも融資してしまう可能性が高くなってしまいます。
債権を回収できなければ当然銀行は儲けを失うばかりでなく大損となります。
銀行は低金利で融資を行うため、ただでさえ利息による儲けが少なめです。
ですから審査ハードルを下げてしまうことはリスクでしかありませんので、審査がゆるい銀行なんて先ず無いと思ってください。

 

注意して欲しいのが悪徳業者です。
この手の業者は、さも誰でも簡単に借りれるような謳い文句で勧誘しています。
しかも有名銀行に似せた会社名であることが多く、銀行と勘違いして申込んでしまう方も多いです。
誰でも簡単に借りれるような審査の甘さをアピールしているような銀行がありましたら、ほぼ間違いなく悪徳業者だと疑ってよいでしょう。
そのような業者に引っかからないように気をつけてください。