風俗勤務でもキャッシングをカードローンできるの?

風俗嬢でもちゃんと働いていればお金を借りれます!

 

 

水商売である風俗嬢はカードローンでキャッシングするための条件は何でしょうか?

 

一般の会社員に比べ審査通過が難しいと言われる風俗勤務をはじめとする水商売。

 

その理由は収入の安定面が大きな理由と言われています。

 

では風俗嬢やデリヘル、ソープなど夜の仕事をしている方はカードローンでお金を借りることは不可能なのでしょうか?

 

 

風俗店勤務の風俗嬢でも消費者金融や銀行からお金を借りれる可能性は十分にあります。

 

審査基準はどの業者も教えてはくれませんが、ある程度共通している部分がありますので、まずはその部分だけでも抑えておくことです。

 

 

まず収入が安定していることが第一です。

 

上述したように風俗嬢など夜の仕事をされている方の給料は歩合制が基本です。

 

時間給ではないためどれだけ成果を挙げられるかで1ヶ月の給料が決まってきます。

 

そのため収入はサラリーマンなどに比べると安定させるのが難しいです。

 

キャッシングの審査通過するためには収入が毎月ありその額に大きな差がないことです。

 

収入の安定面という意味で同様になりますが、勤続年数も重要となります。

 

一つの職場に永く勤務していればそれだけ安定していると判断されます。

 

職場を転々としているようですと審査に通るのは難しくなります。

 

 

最後に信用情報です。

 

ローンやクレジットの利用履歴のことを信用情報といい、貸金業者等は審査の際に必ず信用情報を確認します。

 

もし今現在、ローンもしくはクレジットを利用しており、返済遅延など事故情報がある風俗嬢の方の場合は危険です。

 

審査に通る可能性はほぼ無いと思ったほうが良いでしょうね。

 

 

風俗店勤務をされている方は源氏名で職場に通していることかと思います。

 

従業員の中には申し込み者の本名を知らない方も多いかと思います。

 

ですから在籍確認の電話で確認が取れず審査落ちする可能性もあります。

 

そうならなためにも、申込先の業者に予め源氏名で在籍確認出来ないか相談してみると良いでしょう。

 

中にはアリバイ偽装会社を使って在籍確認をする方もいらっしゃいますが違法ですので絶対にやらないでくださいね。

 

条件を満たしていれば貸金業者から融資を受ける可能性は十分にありますので、アリバイ偽装会社はダメですよ。